ACCESSIBILITY Accessibility

インプラント

▲当院インプラント治療の患者様

世界トップ水準の歯科治療・審美歯科なら、麻布台ユナイテッドデンタルオフィズ(六本木、神谷町)へ。院長の江夏(Dr.Enatsu)はUCLA歯学部卒【日米の歯科医師免許を保有】する歯医者。その治療技術は欧米の患者様にもご満足いただいています。

当院のインプラントは、特に前歯などの目立つ箇所に対し、審美的なインプラント治療を得意としています。

インプラント体と精巧なセラミックのクラウンを使用し、歯ぐきの境い目や歯の形やバランス等のデザインなどを考慮し治療にあたります。

 




インプラントの症例

症例1:前歯の審美的インプラント(セラミッククラウン)

 *前歯部の一歯が欠損

▲インプラント埋入仮歯用義歯

▲骨と結合するまでは仮歯で対応仮歯

▲仮歯で日常生活に見た目支障なし

症例2:前歯の審美的インプラント(セラミッククラウン)

     

インプラント埋入後6ヶ月(ヒーリングアバットメント装着)

   

ゴールドカスタムアバットメント

    

インプラント・クラウン

主訴・症状39歳・女性・フランス人
残していた乳歯が揺れてきた。
乳歯の下の永久歯が欠損していた。
治療部位インプラント・クラウン : 4|4
乳歯を抜歯して、インプラント治療をおこなった。
患者様の声手術中に痛みがあるかどうか一番心配でしたが、
まったく痛みはなかったです。

症例3:インプラント・デンチャー(義歯)

*30年前に作られたブリッジをインプラント・デンチャーに。
通常の義歯とは異なり、他の歯に引っ掛ける金属のフックなどはなく、
また上あごを覆う面積も最小限にできるので装着感がよいのが特徴

治療経過

 

30年前に作られた古いブリッジが揺れていて、
残っている歯の歯根が割れているなど多くの問題があるので抜歯をし、
インプラント治療をすることになった。

 

インプラント6本埋入

  

6ヶ月間、仮義歯を使用

  

インプラントデンチャー装着。通常の義歯とは異なり、
他の歯に引っ掛ける金属のフックなどはなく、
また上あごを覆う面積も最小限にできるので装着感がよい

主訴・症状57歳・女性・日本人
30年前に作られた古いブリッジが揺れていて、
残っている歯の歯根が割れているなど多くの問題。
治療部位インプラント・デンチャー : 654321|123456
乳歯を抜歯して、インプラント治療をおこなった。
患者様の声仮の義歯のデザインがとても気に入りました。
だから最終的なインプラント・デンチャーも同じデザインに
してもらいました。

症例4:奥歯のインプラント・ブリッジ

*下顎の奥歯が欠損。左右それぞれ2本インプラントからなる3本ブリッジで治療。

主訴・症状59歳・女性・日本人。下顎の奥歯が欠損。
治療部位インプラント・ブリッジ : 46|46
患者様の声思ったより痛くありませんでした。先生、スタッフの方達が
とてもやさしく、あっという間の半年間でした。
今はなんでも咬めるようになり、食べる楽しみができました。

インプラント治療とは

インプラントは、失った歯を治療するために歯根の代わりに顎の骨に埋め込むチタン製の歯根のことです。埋め込まれたインプラントの上にアバットメント(土台)を立て、さらにその上にクラウンなどを被せ、咬めるように回復させる治療です。

入れ歯のように歯茎に義歯を乗せるだけの方法と異なり、使わない顎骨が痩せるという心配もなく、また、従来のブリッジのように、健全な歯を削る必要がありません。インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。

インプラント治療には、Osseointegration(骨結合:インプラントと骨が一体化する現象)が必要で、通常この過程には約6ヶ月を要し、その期間は仮の義歯を使用します。インプラント治療は、主にインプラント・クラウン、インプラント・ブリッジ、インプラント・デンチャー(義歯)に使用される他、一部の矯正治療でも応用されています。



Testimonials

View More

Office Location

  • Tokyo
  • 2-3-8-1F Azabudai Minato-ku
  • Tokyo, Japan
  • 106-0041
  • Map & Directions
  • Call: 03-5570-4334