ACCESSIBILITY Accessibility

医師紹介

江夏 裕和, DDS

UCLA歯学部卒
Doctor of Dental Surgeons (DDS)

UCLA工学部卒 
Bachelor of Science, Engineeering (最優秀)

歯科医師免許
米国カルフォルニア州歯科医師免許
日本歯科医師免許

東京アメリカンクラブ会員


メンター (Mentor)

Seattle Kois Center 歯科研修センター

米国シアトルにあるKois歯科研修センターで日本人として最初で、唯一メンターの資格をもっています。メンター資格はKois Centerの全研修コースを取得し、最新の歯科概念や方法などを理解、熟知し、さらに試験に合格した者だけに与えられる資格です。最新の研究成果や方法などを習得するために毎年7月にKois Center Symposiumに参加が義務づけられています。

Kois Centerでは 噛み合わせなど、歯科診療で最も大事なことは正しい診断だと考えられています。エビデンス、患者のリスク、現在可能な治療、治療の予知性、患者の希望など十分理解した上で、治療計画を立てていきます。


Sustaining Member of AACD (米国審美学会)

米国審美学会には、患者がよい審美歯科を提供できる歯科医師を探せるよう資格認定プログラムがあります。Sustaining Memberの認定を得るためには、AACD学会に2年参加し、また審美歯科の概念、テクニック、そして材料の知識の習得を問われる試験に合格する必要があります。

Dr.江夏が AACD Sustaining Memberの認定を受けていることは、審美歯科の知識を熟知しているということです。


マイクロスコープによる精密根管治療

マイクロスコープによる精密根管治療テックニック UCLA 歯内療法教室(2014)
マイクロスコープによる精密根管治療テックニック イリノイ大学歯内療法教室(2001)
マイクロスコープによる精密根管治療テックニック Dr. Stephan Buchanan (1999)
Dr.江夏は世界的に著名なEndodontist S. Buchanan 先生に師事し、1999年にアジアから最初のドクターとしてサンタバーバラのコースを受講しています。またUICの専門医過程の大学院生と一緒に行うテクニックコースもアジアからの唯一の受講者です。2014年に出身校UCLAで最新の歯内療法の材料や術式をアップデートしています。


インプラント: California Implant Institute 卒

California Implant Institute の講習会に最初にアジアから参加し、インプラントの基礎術式を取得しました。Dr.江夏は、UCLA歯学部在学中からインプラント治療を手がけています。


噛み合わせ

Kois Center 卒(シアトル)

Kois Centerの基本概念は、よりよい噛み合わせが得られれば、歯や修復物がこわれるリスクを低くすることができるというものです。Orognathic Bioesthetic Institute Level II、や Dr. Eubanks 咬合講習会も受講しています。その他にも数多く受講し、Dr Koisの方法が患者に一番やさしい、予知性の高い方法だと考えて、当院ではこの理論に基ついた咬合診断をしています。


矯正

Faculty of Orthodontic Research and Continuing Education 講習会卒
インビザライン認定講習会(San Diego)
矯正はカリフォルニア大学歯学部の教授だった Dr. Litt に師事し、矯正学の基礎、診断、から治療術式まで受講しました。(米国・カナダにおいて)
インビザライン認定も日本でまだ行われていないとき米国で認定をうけ、早い時期からインビザライン治療を行っています。


過去に参加した研修会の一部

UCLA Endodontic Continuum 2014  (マイクロスコープを使った根管治療法)
Kois Center 研修会を卒業し、Mentor資格試験に合格 2007 (for advanced Esthetic and Functional Restoration) 審美修復アドバンスコースを卒業し、アジアで始めてMentorの認定を受けました。
Art of Endodontics Laboratory Course (Buchanan) 1989 アジアから受講第一号
Three Week Course in Microscopic Endodontic Techniques (University of Illinois, Chicago) 2001 顕微鏡を使った歯内療法大学院課程を受講。アジアから受講第一号
Practical Occlusion for Esthetics and Function, UCLA (咬合)
Roth/William Orthodontic Seminar (矯正)
ADA Annual Sessions
Chicago Midwinter Convention 2008
American Academy of Cosmetic Dentistry, recognized as Sustaining Member 2007 (審美歯科)
Orognathic Bioesthetics Level II (on TMJ and Occlusion) 2006 (咬合)
Invisalign Certification Seminar, San Diego, California (Orthodontics without braces) 2006 (CADCAMを用いた透明のトレーで矯正)
Triservice Meeting, Tokyo, Japan
FORCE IT-Orthodontic Training by Dr. Litt, Canada - April, May, June 2005 (矯正)
AACD Sustaining Member の試験に合格- June 2005
'State-of-the-Art Esthetics' Seattle Institute for Advanced Dental Education by Dr. Frank Spear (審美歯科)
インプラント研修会習得 at California Implant Institute, 2006 (インプラント)


メディア掲載

  1. 20/06/2011 日本アメリカ商工会議所の雑誌に掲載されました(His articles in ACCJ)
    11/06/2011 Japan Times に紹介されました(Japan Times Article on Dr Enatsu)
    11/07/2006 歯科評論に執筆いたしました


講演会など

2001年 市川歯科医師会 後援 新しい根管治療法・Niti ファイルと垂直根管充填法
2010年4月 特別講演「今後の歯科医療の方向性を米国に学ぶ」安心会計事務所(於帝国ホテル)
2016年8月 特別講演 「ペーパーレス歯科と最新の根管治療」(於ウランバートル デジタル歯科)

 

他の歯科医師

口腔外科専門医(インプラント、口腔ガン検診)1名
大学や総合病院の先生とも提携して、最良の治療を心がけています。


Testimonials

View More

Office Location

  • Tokyo
  • 2-3-8-1F Azabudai Minato-ku
  • Tokyo, Japan
  • 106-0041
  • Map & Directions
  • Call: 03-5570-4334